現場見学会のご案内 ニュース&トピックス 自然通気工法の家 施工例ギャラリー 家づくりの勉強会
ノンエアコン省エネ住宅 自然通気工法の家
設計コンセプト
自然と共存するECO住宅
自然素材へのこだわり
建築工程
ご入居までの流れ
施工例Gallery
幸せを生む住まいの職人達
当社掲載紙紹介
施工主様の声
現場見学会お申込み

HOME >自然通気工法の家 >自然と共存するECO住宅

自然と共存するECO住宅ノンエアコン省エネ住宅・自然通気工法の家とは 中心的生活環境の住宅に、幸せな家庭生活の条件と原因を住む人と一緒になって知恵と心を出し合って仕組んだ住まいです
四季を通して自然の恩恵を住まいの中に余すことなく取り入れた温冬涼夏の環境を持つ住む人に幸福をもたらす住まいです。

環境工学博士 冨田辰雄先生の発案で先人達による日本の伝統(伝承)科学により実証・立証された住まいの仕組みの研究を続けてきました。

太陽・空気・湿気・地熱を効果的に利用するための、間取りのとり方・窓のつけ方・自然素材の使い方、壁内通気の工夫によってグラスウールなどの断熱材や特別の設備を使わずに、エアコンに依存しない心地い環境の住まいを実現しました。


本物の省エネ住宅とは

1)イニシャルコストが要らない
2)ランニングコストが要らない
3)メンテナンスが要らない


事が条件です。





床下の湿気対策と地熱利用
一般的には、床下の湿気は土中の水分によるものと思い込んで、防水フィルムや防水コンクリートを使っていますが、空気中の水分の対策が不十分です。床下を敷地基盤より高く盛土して、サイホンの原理で自然換気の出来る換気穴や通風穴、通気穴を設けることです。
そして防湿性・調湿性・防腐性・防毒性と遠赤外線効果のある炭の利用です。シャーモットと共に利用して、マイナスイオンを発生させ、安全新鮮な空気の床下環境をつくります。
 
  室外・室内・床下・屋根裏には温度差があります。夏、最も涼しく、冬、室外より暖かい床下の地熱を利用することを忘れていませんか?
夏35度の外気温の時、床下は26、27度です。夏夏の暑い日に、犬が床下にもぐる気持ちがわかりますよね。
この冷たい床下の空気を室内に取り入れることができれば、天然クーラーの住宅に実現です。もちろん、防蟻処理は 致しません。

Copyright © 2007 Kirishima CORPORATION All Rights Reserved.