現場見学会のご案内 ニュース&トピックス 自然通気工法の家 施工例ギャラリー 家づくりの勉強会
ノンエアコン省エネ住宅 自然通気工法の家
設計コンセプト
自然と共存するECO住宅
自然素材へのこだわり
建築工程
ご入居までの流れ
施工例Gallery
幸せを生む住まいの職人達
当社掲載紙紹介
施工主様の声
現場見学会お申込み

HOME >自然通気工法の家 >自然素材へのこだわり

自然素材へのこだわり
霧島住宅の家づくりは自然素材
その大きな理由

1 木材による環境弊害は、数千年の歴史を通して世界中で一度たりとも発生していません。 photo
ライン
2 世界中の人々が住宅資材として木材を好み愛し求めています。
ライン
3 人間だけでなく、地上に生息するすべての動物には樹木・木材・木質加工材は不可欠な環境素材です。
ライン
4 人間の住宅も自然の一部であり、自然環境に支配されています。木材の持つ諸特質は自然的であり、不自然の要素はありません。
ライン
5 木材は四季を通して、直接肌に触れる居住環境で、人の心や身体に優しく安らぎを与えてくれます。
ライン
6 木材は感性や情緒を豊かにして、穏やかな人間性を培い育む環境基質を持ち、人格形成に欠くことのできない主役的環境資材としての役割を持ちます。
ライン
7 木材は住宅における省エネルギー資材として、最高の役割を果たす地上資材です。
ライン
8 木材は地球上に会って、地下資源のように枯渇する心配のない無限の資源です。
ライン
9 長持ちする住宅の三大条件の耐久性・耐用性・対応性は、木造住宅はもっとも優れています。
ライン
10 楽しい家庭・健全な家庭・幸せな家庭の永続条件を住宅に求めるなら、木質環境の住宅でなければならないからです。楽しい人生・生き甲斐のある人生・幸せ人生ももたらす住宅における木材の果たす役割は不可欠です。
ライン
霧島住宅の家

構造材について
木造住宅は、柱や梁などの重要な構造部分が骨組みとなって構成されています。そして、これら主要構造箇所に使用される木材を「構造材」と呼んでいます。主要構造箇所は、柱、梁、外壁、屋根、床などです。土台・柱・胴差・梁・桁・大引き・母屋・棟木・束・間柱・筋交いなどを構造材といいます。


木材は再生できる循環資源です。林業(山)の活性化は、雇用の拡大、ふるさとの活性化であり、地球温暖化防止となります。

『樹木(木)は神なり 木は家庭の守護神なり』と言われように、自然界の象徴として君臨しあらゆる生物の生息に限りなく貢献している偉大な生き物の神であり、住宅においては家族の安心平和な生活を護る守護神です。

現代人は、木材を住宅から遠のけてしまいました。その結果、狂気・悲劇・不祥事などの事件が続発しており、日本人総精神異常症候群と呼ばれてもおかしくない時代になっています。
まさに『住宅をどげんかせんといかん』のです。
 

Copyright © 2007 Kirishima CORPORATION All Rights Reserved.