2020年3月18日

住宅職人の子育ての提言(遺言)1⃣-④ 生駒市注文住宅ノンエアコン省エネ自然通気通風断熱の幸せを生む住まい

幸せな子どもを育てる住宅職人 冨田辰雄の提言(遺言)

~・・当たり前の真ん中の子育て・・~

その1⃣―④ 愛をもって、叱ったり怒ったりしなければ 子どもに親の心は伝わりません

 感情のおもむくままに、つい大きな声を出したりしてはいませんか。

 親が理由もなく、自分の感情やストレスの吐け口として、子どもを叱ったり怒ったりしたなら、受け止める子どもの心はどうでしょう。

 叱られたり怒られたりしても、そこに親の愛情を感じることができれば、子どもは親の心を素直に受け止め、何が悪かったか反省するでしょう。しかし、衝動的、感情的な叱責に、親の愛情を認めることができない場合は、反抗的な態度になってしまいます。

 子どもを正しく導こうと、注意したり怒ったりするときには、その言葉や行為の底に、子どもを思う愛がなければ親の心は伝わりません。(環境工学博士 冨田辰雄・2010年没)

この記事を書いた人

霧島住宅株式会社 宮原謙治(幸せこだわり住宅職人 謙さん)

霧島住宅株式会社 宮原謙治(幸せこだわり住宅職人 謙さん)

21歳の時に、住宅会社に転職しました。それから50年もの間、住宅と不動産の仕事一筋でやって来ました。若い頃には見えなかったことが年齢と経験を加えることで、住宅の間取りをみていると家族の会話が聞こえるようにもなりました。それは、住宅の環境科学を研究していて、住まいの環境がかもし出す雰囲気がわかるからかもしれません。

住まいを求めることは、人生最大の投資です。土地を求めて新築住宅を建てる人、中古住宅を求めてリフォームをする人と様々ですが、住まいを求める目的は、皆さん共通の『これからも幸せな家庭生活を楽しむこと~平穏な家庭生活の続けられること!』ですよね。
無理をしないで無難に生活できる住まいづくりを求める方との出会いを楽しみにしています。

どのような些細なことでもお気軽にご相談してください。

不動産よろず相談

家づくり・家探し・土地探し・リフォーム・相続・住まいのことをなんでもお気軽にどうぞ!

お名前
E-mail
E-mail (確認)
ご相談内容

News

現代民家に関するブログやイベントの詳細など