2020年4月1日

生駒市高山町の注文住宅は、ミヤザキ杉の現代民家 ノン高気密高断熱の住まい

  今年も四分の一が過ぎました。ふるさと宮崎県のミヤザキ杉を多用した注文住宅の現在民家の家を、奈良県生駒市高山町にも建てさせていただいています。

弥生4月になりましたが、コロナウィルスの影響もこれからもっと顕在化するのではないでしょうか?

そんな中、古民家の里山~都会に田舎奈良県生駒市高山町は雨での幕開けになりました。

霧島住宅・やすらぎ住まい庵 髙山の庭にも春の息吹が漂ってはいますが、心が晴れるほどの春ではないのが気がかりです。

四月といえば、希望の春ですが、希望の見えない中止・縮小・閉鎖・延期等など先が読めない(見えない)話題が飛び交っています。

明るい話題は、髙山大好き幸せこだわり住宅職人の謙さんが、もうすぐ71歳の誕生日を元気に迎えられることと、生駒 高山町活性化委員会の存在が少しづつではありますが、知られるようになったことでしょうか!

生駒市高山町は、市街化調整区域が多く新築住宅を建てようにもいろんな制限を受けてしまいます。

この度、土地面積約300坪の築100年超えの古民家の売買の話がまとまりました。まだ表には出していない隠れ不動産物件です。どのように改修(リノベーション)されるのか楽しみです。

このように、表には出せない物件の売却依頼も多く寄せられています。

国道163号線(四日市線)の高山大橋の交差点を北に向かうと、約2Kmで、右手に高山竹林園が見えています。その先約200mの左手に、霧島住宅ののぼりが目立つようになりました。お気軽に、ご来社くださいませ。

この記事を書いた人

霧島住宅株式会社 宮原謙治(幸せこだわり住宅職人 謙さん)

霧島住宅株式会社 宮原謙治(幸せこだわり住宅職人 謙さん)

21歳の時に、住宅会社に転職しました。それから50年もの間、住宅と不動産の仕事一筋でやって来ました。若い頃には見えなかったことが年齢と経験を加えることで、住宅の間取りをみていると家族の会話が聞こえるようにもなりました。それは、住宅の環境科学を研究していて、住まいの環境がかもし出す雰囲気がわかるからかもしれません。

住まいを求めることは、人生最大の投資です。土地を求めて新築住宅を建てる人、中古住宅を求めてリフォームをする人と様々ですが、住まいを求める目的は、皆さん共通の『これからも幸せな家庭生活を楽しむこと~平穏な家庭生活の続けられること!』ですよね。
無理をしないで無難に生活できる住まいづくりを求める方との出会いを楽しみにしています。

どのような些細なことでもお気軽にご相談してください。

不動産よろず相談

家づくり・家探し・土地探し・リフォーム・相続・住まいのことをなんでもお気軽にどうぞ!

お名前
E-mail
E-mail (確認)
ご相談内容

News

現代民家に関するブログやイベントの詳細など